脱炭素社会の実現に向けたJブルークレジット購入申込者公募のご案内
          ~大島干潟から、つながる周南市ブルーカーボンプロジェクトin徳山下松港~

投稿日:2022.1.13

 中国地方整備局では、脱炭素社会の実現に向けて港湾における「カーボンニュートラルポート(CNP)」の形成に取り組んでおり、その一環として、CO2吸収源であるブルーカーボン生態系を活用した脱炭素化の推進を行っています。
 この度、徳山下松港の港湾整備において発生した浚渫土砂を有効活用して造成した大島干潟にて創出されたブルーカーボンについて、ブルーカーボン・オフセット制度を活用したJブルークレジットが認証され、ジャパンブルーエコノミー技術研究組合(JBE)から申込者公募が開始されましたのでご案内します。

 沿岸域の藻場等に生息する海洋植物にCO2として取り込まれた炭素は「ブルーカーボン」と呼ばれ、国連環境計画の報告書(2009年)において、CO2吸収源の新たな選択肢として示されています。
 国土交通省では、藻場の保全活動等の実施者により創出されたブルーカーボンを貨幣換算したものを「Jブルークレジット」として認証し、CO2削減を図る企業・団体等とクレジット取引を行う「ブルーカーボン・オフセット制度」を進めています。

 中国地方整備局において造成した周南市の大島干潟(平成29年度より周南市が管理)において、中国地方初となるこの制度を活用した取り組みがスタートしています。
 この度、山口県漁業協同組合周南統括支店、大島干潟を育てる会及び周南市3者の連名にて認証申請されておりました「Jブルークレジット」が認証・発行され譲受人公募が開始されましたのでご案内いたします。
 なお、本公募において、Jブルークレジットを購入した企業・団体等に「Jブルークレジット購入証書」が発行され、3月中旬頃に交付される見込みです。


以下、詳細となります。

1.公募期間:令和3年12月28日(火)~ 令和4年1月31日(月)

2.公募機関:ジャパンブルーエコノミー技術研究組合(JBE)
       http://www.blueeconomy.jp/credit/

3.その他
   ・プロジェクト及びJブルークレジットの概要
      http://www.blueeconomy.jp/archives/202112jbca00002-202112/     
     ※ジャパンブルーエコノミー技術研究組合(JBE)HPを参照

   ・周南市プレスリリース
     http://www.city.shunan.lg.jp/soshiki/34/78565.html