HOME競争力のある港づくり > 尾道糸崎港

 尾道糸崎港は、瀬戸内海のほぼ中央に位置し、東西18㎞にわたる細長く広範な港湾区域を有しています。前面には、向島、因島、生口島など多くの島があり、古くから瀬戸内海の拠点として、また広島県備後地域と四国及び周辺島嶼部とを結ぶ海上交通の要所として栄えてきました。
 1963年の広島県備後地区の工業整備特別地域指定後は工業港として発展を遂げ、現在は1993年に策定された港湾計画に基づき、木材取扱拠点としての機能強化や、港湾機能の高度化と一体となった賑わいのあるウォーターフロント空間の形成など地域の要請に応じた整備を各港区で進めています。

貝野地区 松浜地区 機織地区

ダウンロードボタン-尾道糸崎港

直轄事業:尾道糸崎港機織地区国際物流ターミナル整備事業
尾道糸崎港は、主に輸入原木を取扱う船舶の大型化への対応や、港内での筏輸送で生じる木皮流出による環境悪化への対応が、地域産業の競争力を確保する上で課題となっています。このため、大型船による効率的な輸送に対応する国際物流ターミナル(水深12m等)の整備を推進しています。併せて、発生する浚渫土砂を有効活用して、干潟の造成にも取り組んでいます。

資料ダウンロード

機織地区
機織地区では、現在行われている「いかだ」による原木の二次輸送を廃し、外郭施設によって取り囲まれる水域ですべての作業が行えるよう、投下バースや分離堤の整備を行っています。 また、陸取り用の岸壁や臨港道路を整備するとともに、木材企業が立地するための用地を確保するなど、県東部の木材拠点港としての機能強化を図っています。

拡大

貝野地区
貝野地区では、内貿機能の強化を図るため、公共ふ頭を整備するとともに、本地区と糸崎(古浜)側を結ぶ臨港道路を整備する計画です。また水際線において、プロムナードとしての緑地も整備されます。

拡大

松浜地区
松浜地区では、広島県東部・三原広域市町村圏の中心に、効率的な物流機能の充実を図り、同時に市民が海に親しめる潤いのあるウォーターフロント空間を創造します。

拡大


このページの先頭へ戻る