中国地方整備局
港湾空港部採用案内
トップページへもどる
利用規約 サイトマップ
Home > 瀬戸内海の環境情報 > 赤潮の発生のべ件数(湾・灘別)
index 干潟・藻場 水質 漁獲量 赤潮の発生 浮遊ごみ 自然海岸
  赤潮の発生のべ件数(湾・灘別)
赤潮の発生件数 赤潮の発生延べ件数
(湾・灘別)
     
         
  瀬戸内海における赤潮の発生延べ件数【湾灘別】】

 海域別の赤潮発生延べ件数の推移をみると、近年、大阪湾、播磨灘、備讃瀬戸、燧灘、安芸灘、伊予灘、周防灘では概ね横ばい、紀伊水道では減少傾向にあります。豊後水道では、1990年中頃にかけて発生件数が10件を下まわる年もありましたが、近年では20件超の赤潮が発生しています。


出典:瀬戸内海の赤潮(水産庁瀬戸内海漁業調整事務所)
注)1.備後灘、広島湾、別府湾のデータについては、それぞれ燧灘、安芸灘、伊予灘に
  含まれる。
  2.出典には、響灘の赤潮データが含まれていないため、省略する。
  3.2020年の赤潮の発生延件数については速報値であるため、変更されることがある。




















更新年月:2021年2月
 
もどる   すすむ