中国地方整備局
港湾空港部採用案内
トップページへもどる
利用規約 サイトマップ
Home > 瀬戸内海の環境修復計画 > 事業の取り組み状況
  事業の取り組み状況  
  事業の実施状況と主要事例  

 
 計画策定後、平成17年~令和元年度の15年間に約456haの 干潟・アマモ場等の修復が実施されており「瀬戸内海環境修復計画」の目標量に対して順調に進捗しています。
また456haとは別にガラモ場等の整備が約427ha進められております。
修復実績

   平成17年度~令和元年度の15年間における環境修復事業の取り組み状況は、次に示すとおりです。
  事業の実施概況
 
瀬戸内海の環境修復の取組状況と主要事例

  事業の実施概況
 
主な事業の一覧(平成22年度~26年度に事業完了)

  主な事業の実施箇所
  主な事業の一覧(平成27年度~令和元年度に事業完了)
 
主要事例①:カキ殻を利用した底質改善
主要事例②:石炭灰造粒物・鉄鋼スラグを利用した底質改善
主要事例③:藻場造成
 
  すすむ