格点式ストラット

格点式ストラット

格点式ストラット工法 イメージ図

格点式ストラット工法は、鋼管杭・鋼管矢板とその頭部を結合する上部工で構成される根入れ式ラーメン構造を、工場で製作された補剛部材を現地で接合して補強するものです。本工法は適切に部材を組み合わせることにより、岸壁や護岸、防波堤等に用いることができます。徳山下松港の新南陽地区岸壁(-12m)でも採用されており、従来の岸壁構造に比べて使用鋼材が少なくなり、経済的となっています。

格点式ストラット工法

提供:格点ストラット工法研究会