未来の技術者がみなとの現場を体感 ~山口大学特別講義でみなと見学会を開催しました~

投稿日:2016.12.02

宇部港湾・空港整備事務所は、山口大学で港湾工学の特別講義を受け持っていることから、今回その講義の一環として、徳山下松港及び宇部港の工事現場や、臨海部企業の港の利用状況などを79名の学生が見学しました。
参加した学生からは、「港湾物流のスケールの大きさに驚いた」、「海上土木を初めて見ることができ、土木への考えや視野が広がった」などの感想がありました。
普段みることのない海からの港の光景や、物流活動を実際に肌で感じることで、港湾への理解も深めることが出来たのではないでしょうか。

 

詳しくは、添付ファイルをご参照下さい。

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧