海辺の自然学校〜大島干潟いきもの調査隊!(秋季)〜を開催しました。

投稿日:2007.10.12

漂着ゴミ学習状況

漂着ゴミ学習状況

リセット・クリーンアップ実施状況

リセット・クリーンアップ実施状況

いきもの定量調査状況

いきもの定量調査状況

10月11日(木)、大島干潟で周南市立大島小学校、周南市立粭島小学校の児童37名を対象に、海辺の自然学校〜大島干潟いきもの調査隊!(秋季)〜を開催しました。今回は、『漂着ゴミに関する学習』と『リセット・クリーンアップ』と呼ばれるゴミ調査、そして海辺のいきもの観察として『いきもの定量調査』を行いました。

漂着ゴミの学習は、どのくらいの量のゴミが海辺に漂着しているか?などクイズ形式で行いました。児童たちはゴミ問題を身近な問題として感じられたようでした。
リセット・クリーンアップは、干潟にて、10m幅の範囲内で、漂着ゴミなどを徹底的に回収(リセット)しました。今後は、範囲内が汚れて行く様子を観察して行きます。
いきもの定量調査は、調査枠(30cm×30cm)内のいきものの個数及び種類等について観察を行いました。前回調査(春季)と比べて、干潟のいきものの生息状況が、季節などによって違うことを理解してもらえたと思います。

おわりに、当事務所は、今後も学校機関からの環境学習・現場見学などの要請にできる限り対応し、教育・研究の場にお役に立ちたいと思う所存です。
大島小学校、粭島小学校の児童および教諭の皆様お疲れ様でした。

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧