『海辺の自然学校inキワ・ラ・ビーチ』を開催しました。

投稿日:2007.08.31

生きもの観察状況

生きもの観察状況

ゴミ分類調査状況

ゴミ分類調査状況

集合写真

集合写真

8月30日(木)山口県宇部市東岐波のキワ・ラ・ビーチにおいて、宇部港湾事務所主催、宇部市共催及び瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会後援のもと「海辺の自然学校」を開催しました。「海辺の自然学校」とは、身近に自然とふれあい、観察できる貴重な空間である海辺で自然体験活動を行うことによって、将来を担う子供達の環境意識の向上を図るものです。

当日は、児童及び保護者合わせて40名の方に参加頂き、生きもの採取・観察を行ったあと、海岸清掃をおこないました。なお、最後まで参加して頂いた児童には、修了証をお渡し致ししました。
生きもの採取・観察は、残念ながら雨が降る中での実施となりましたが、キワ・ラ・ビーチに住む海辺の生きものをそろえて完成させる生きものビンゴなど、趣向をこらしたイベントに、児童たちは夢中で干潟の生きものを探していました。
また、海岸清掃では、海辺に打ち上げられたゴミの分類調査も行いましたので、私たちが軽い気持ちで捨てたゴミが、海を汚している事に気付いてもらえたのではないかと思います。

この自然学校を通じて、もっと海辺を身近に感じてもらい、海辺に遊びにくるきっかけになることを期待します。また、実際に自然と触れ合いながら、「海の大切さ」を感じとってもらえればと思います。

おわりに、当事務所は、今後も学校機関からの環境学習・現場見学などの要請にできる限り対応し、教育・研究の場にお役に立ちたいと思う所存です。
参加して頂いた児童及び保護者の皆様お疲れ様でした。

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧