『徳山みなとクルージング』を開催しました。

投稿日:2004.11.01

おれんじえんぜる

おれんじえんぜる

乗船前

乗船前

船内風景

船内風景

 10月31日(日)、周南市にある周防灘フェリー発着場にて『徳山下松港みなとクルージング』を開催しました。同日には周南地域にて「のんた祭り」も開催されていたので周辺の地域の多くの人々が訪れていました。これにあわせ宇部港湾事務所で『徳山下松港みなとクルージング』を企画しました。
 
 当日は防予汽船の所有するフェリー、「おれんじえんぜる」(乗船定員300名)をお借りして徳山港沖を約1時間にわたって2回のクルージングを行いました。天気こそ恵まれなかったものの、午前中に出港した第1便は先着290名の定員に対して243人の参加者が集まり大変賑わいのあるクルージングになりました。しかし午後の第2便は天候が悪化し、小雨の中のクルージングになってしまったために第1便の3分の1程度の参加者で出港しました。雨のため船からの景観こそ楽しむことは難しかったと思いますが、その分広くなったフェリーの中を楽しんだことと思われます。

 出港した各便には当事務所の職員5〜7人もスタッフジャンパーを着て乗り込み、クルージング中に見える施設や場所の説明を行ったり、参加者の質問に答えたりといった対応をおこないました。また、クルージングの受付の際にアンケートの配布をおこない、参加者の反応を調べたところ好感触もあれば、中にはこちらが思いもしなかった意見などいろいろな反応が返ってきました。 参加者の皆様、御協力ありがとうございました。

 今後も宇部港湾事務所としては、出来る限り皆様のご期待に添えるよう努力していきたいと思います。また、よりみなとが身近に感じれるような行事を随時おこなっていきたいと思います。その際は、是非お気軽にご参加ください。

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧