平成25年度 海辺の自然学校〜大島干潟いきもの調査隊!〜 を開催しました

投稿日:2013.10.22

みなとの役割のお勉強

みなとの役割のお勉強

アサリの数を調査する児童たち

アサリの数を調査する児童たち

大きなカニを見つけたよ!

大きなカニを見つけたよ!

10月18日(金)、山口県周南市大島干潟で、山口県鼓南小学校の26名の児童を対象に、「海辺の自然学校〜大島干潟いきもの調査隊!〜」を開催しました。

午前中の座学では、港の様々な役割について学びました。また大島干潟に棲むアサリなどの生き物について学びました。

午後の現地体験学習では、午前中の座学で出された「大島干潟のアサリは1日でどれくらいの水をきれいにするのか?」というクイズに答えるためにアサリの数を調査したり、大島干潟にいる他の生き物を見つけ探検ボードに書き込んでいました。
学校に戻り、クイズの答え合わせや豊かな瀬戸内海を維持していくために各自が生活の中でできることを“何かできることひとつ”宣言!として発表しました。

おわりに、当事務所は、今後も学校機関からの環境学習・現場見学などの要請にできる限りお答えし、教育・研究の場にお役に立ちたいと思っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ファイル名 サイズ
海辺の自然学校の様子  (pdf) 489KB

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧