ナビゲーションスキップ
ホームページはこちらみなとオアシス三原

 三原市は広島県の山陽沿岸の中央部に位置し、瀬戸内海の温暖な気候に恵まれたまちです。 瀬戸内海国立公園に指定された筆影山・竜王山からは、美しい自然景観を楽しむことができます。 尾道糸崎港で2つ目のみなとオアシスとして登録された(同一港湾内での複数登録は全国初)三原内港地区は、JR三原駅から商店街を数分歩いて通り抜けたところにあります。 みなとオアシス三原では、「三原浮城まつり」等の行事や他のみなとオアシスと連携したイベント、レンタサイクルサービスの提供を行うといった活動を通し、三原内港及び周辺地域を含めた地域が一体となって、港の活性化を図っています。 また、ホームページや広報誌、パンフレットなどを活用し、港からの情報発信を行うとともに、甚大な津波の被害を受けた東北地方の被災地を支援した経験から、「防災カルタ」などの防災啓発グッズの作成や、意見交換会を定期的に行うなど防災情報の発信にも取り組んでいきます。

概要

運営者 みなとオアシス三原運営委員会
設置者 三原市
登録 平成24年7月28日(中国地方整備局長)
平成29年2月16日(港湾局長)
港湾管理者 広島県
主な構成施設 三原港湾ビル、駐車場、フェリー客船桟橋など
主なイベント


三原浮城まつり

三原浮城まつり

三原浮城まつり

たこ市
アクセス情報

●鉄道
JR三原駅から、徒歩6分

Sea級グルメ

■三原やっさタコのたこ天
施設紹介



【三原港湾ビル】
みなとオアシス三原運営委員会の事務局である「NPO法人みはらまちづくり兎っ兎(とっと)」が、三原港湾ビル1階を一部改装し、船待ちをする旅客にカフェスペースを提供し、喫茶、手作りパン、菓子の提供をしています。 (販売・喫茶コーナー営業時間は、9:00~18:00。木曜定休。)
豪華客船の寄港時に糸崎岸壁でも同様のサービスの提供を行うこともあります。 また、三原港湾ビル内にてレンタサイクルの貸し出しが行われており、三原港から出るフェリーに乗せる事ができます。