ナビゲーションスキップ
みなとオアシスくだまつ☆笠戸島
 

 山口県下松市(くだまつし)の笠戸島(かさどじま)は星降るまち伝説のある下松市南西部に位置する三日月形をした島で瀬戸内海国立公園に含まれる島です。 「みなとオアシスくだまつ☆笠戸島」は、島の豊かな自然景観を活かした親水交流拠点をコンセプトに、 代表施設である国民宿舎大城(おおじょう)を中心に、はなぐり海水浴場、笠戸島家族旅行村、島の学び舎等で、島の大自然を活かした「河津桜まつり」「くだまつ笠戸島アイランドトレイル」「笠戸島まつり」「笠戸島マリンイカダレース大会」など、 四季と通じて地域づくりに根ざしたイベントを開催しています。 また地元名産の肉厚でほのかに甘みのある笠戸ひらめは下松市自慢の高級食材として有名です。

概要

運営者 下松市
設置者 下松市
登録 令和元年8月25日(港湾局長)
港湾管理者 山口県
主な構成施設 国民宿舎大城、笠戸島家族旅行村、はなぐり海水浴場・海上遊歩道、下松市郷土資料展示収蔵施設 島の学び舎
主なイベント


河津桜まつり

くだまつ笠戸島アイランドトレイル

笠戸島まつり

笠戸島マリンイカダレース大会
アクセス情報
代表施設「国民宿舎 大城」(おおじょう)は、バス、車でお越しいただけます。

●交通機関
  JR下松駅から約8km、バス約20分

●自家用車
  山陽自動車道 徳山東ICより約12km、約20分

 
施設紹介

【国民宿舎 大城(おおじょう)】
平成28年にリニューアルオープンした笠戸島観光拠点の宿泊施設です。日帰り入浴も可能な展望露天風呂からは瀬戸内海の多島美を眺めることができ、夕日を眺めながらゆっくりとした時間を過ごせます。レストランでは特産品の「笠戸ひらめ」を堪能できます。またサイクル・エイド機能も備えるなど、島の賑わいを創出する核となる交流拠点施設であり、市民の憩いのスポットとなっています。観光パンフレットなど情報提供機能も充実しており、下松市の活性化にも役立っています。

国民宿舎 大城(営業時間:7:00~22:00)
定休日:不定休
住所:山口県下松市笠戸島14-1
電話:0833-52-0138
URL:http://www.oojou.jp/

【笠戸島家族旅行村】
標高150mから瀬戸内海国立公園である笠戸湾を見渡せる丘の上にあり、眺望を楽しみながらケビンでの宿泊、オートキャンプ、バーベキュー、足湯など、家族で楽しめる施設となっています。国民宿舎大城と遊歩道で繋がっています。


【はなぐり海水浴場・海上遊歩道】
夏には多くの海水浴客で賑わう美しいビーチ。
海上遊歩道では海を眺めながら海上散策が楽しめる。
住所:山口県下松市笠戸島はなぐり


【下松市郷土資料展示収蔵施設 島の学び舎】
廃校となった江の浦小学校の校舎の一部を活用し開設。埋蔵文化材や歴史民族資料、民具等を展示収蔵し、下松市の歴史及び文化に触れることができます。窓からは、「新笠戸ドック」の迫力ある造船風景を見ることができます。

住所:山口県下松市大字笠戸島10032-38(旧江の浦小学校)
電話番号:0833-52-0860
(下松市生涯学習振興課
      電話番号:0833-45-1870)
開館日:火、木、土日・祝日
      10:00~16:00(年末年始除く)
入館料:無料