top

宇野港湾事務所 HOME サイトマップ プライバシーポリシー

みなとの情報 宇野港

宇野港について

宇野港は岡山県の中南部に位置し、瀬戸内海のほぼ中央部にあります。 港の背後は緑多い山に、港前面は瀬戸内海独特の美しい島々に囲まれ、波穏やかな天然の良港です。
古くは、この港の付近より岡山城の築城に使用した石材を搬出したと伝えられています。また、暴風時には多くの船が避難してきたことから、次第に港湾としての重要性が増してくることになりました。

明治39年には当時の船が直接入港・接岸できるように第一期修築工事(港づくり)が開始され、明治42年に竣工しました。 一方、この工事と並行して旧国鉄宇野線の工事も開始され、明治43年の開通と同時に宇野・高松間の連絡船航路が開かれ、 本州と四国を結ぶ連絡港としての機能が整いました。昭和7年から第二期修築工事が開始され、 昭和15年に第二突堤が完成しましたが、宇高連絡船の岸壁や鉄道用石炭の荷揚場として国鉄の専有化が進み、 一般貨物の受入が困難となったことから、代替施設工事として昭和22年から水深8.5mの岸壁工事を開始し、 昭和30年3月に完成しました。

翌31年度から第三期修築工事として大型船泊地(船の駐車場)、航路(船の道)、臨港鉄道(港から貨物を運ぶ鉄道) などの整備を開始し、昭和35年度に完成しました。その後、宇野港は穀物や外材を積んだ大型船が増加し、 フェリーを含めた入港船の数は膨れ上がる一方となっていたため、昭和42年から1万5千トン級の船に 対応した第三突堤の築造工事を開始し、昭和49年に完成して現在の宇野港が形成されました。

昭和63年に瀬戸大橋開通と同時に宇高連絡船が廃止されましたが、フェリー貨物の拠点港として、 また、鉄鉱石・木材・砂糖を取り扱う外貿港として重要な役割を果たしています。 近年、宇野港は岡山県の防災拠点としての港に位置付けられ、平成18年に防災機能の拡充や大型客船が 寄港できる水深10mの耐震強化岸壁の整備が完了し供用開始されています。

現在は、港湾管理者、玉野市、地元経済界等と連携しながら公共バースの利活用の検討を進めています。

宇野港/宇野地区

宇野地区では、大型旅客船ふ頭や親水性防波堤の整備がされています。宇高連絡線跡地の活用により、潤いと賑わいのある24時間活動型のウォーターフロントの形成を目指した港湾の再開発事業が行われました。
また3万トン級の外航旅客船が着岸できる水深10m岸壁は、大規模地震時における緊急物資輸送にも対応できる耐震強化岸壁です。

耐震強化岸壁の必要性

臨海部の市街地は、港を中心に発展し多くの人口や産業が集中しており、海上輸送と内陸部の市街地への輸送の拠点として 重要な役割を担っています。 海上輸送は、大規模な地震が発生した場合、臨海部や内陸部の被災者に対して、地震に対する安全性の 高い海上交通を利用した緊急物資や避難者の輸送などの中心的な役割を果たします。 また、震災時には陸上交通が寸断されたり、渋滞などによって、自動車や鉄道による物資の輸送、被災者の移動等極めて 困難となり、港の野積場を利用して緊急物資のヘリコプター輸送基地として活用することもできます。 実際、平成7年に発生した阪神・淡路大震災のときにもこうした海上交通を輸送の中心として、被災者や緊急物資の輸送などに 加え、港湾緑地(港の公園)に仮設住宅を建設するなど、とても大きな役割を果たしたのは御承知のとおりです。 こうした防災拠点とは、震災直後の緊急物資輸送はもとより、被災地の復旧・復興の支援拠点としての機能、避難地の整備や 救援・復旧支援基地用地として多目的に利用可能なオープンスペース、必要に応じ緊急物資の保管しておく施設等を一体的に整備したものです。 このような全体の計画は各関係機関(国・県・市・地域住民など)が調整・協力をしながら進めます。 このなかで、中国地方整備局宇野港湾事務所では、平成18年に、宇野地区第一突堤前面に、一般の岸壁よりも耐震性を強化した水深10mの岸壁を整備しました。

宇野港/田井地区

宇野港の物流機能を集約、造成された田井地区は、県下最大の水深12m公共岸壁を有し、 岡山県東部地域の外内貿物流拠点として重要な役割を担っています。
また、港は物流の拠点、産業の拠点としてだけではなく、人と生物が共にくつろげる空間をつくる重要な役割もになっており、 宇野港田井地区に作られた「田井みなと公園」は、人々が海や自然、生物に気軽に親しめる快適な水際空間をつくり出しています。

宇野港/日比地区


物資別専門ふ頭(水深10m岸壁)を有する日比地区では、漁船・プレジャーボート等の混在を解消するため、県中央部の拠点としてのマリーナ整備等が進められています。

宇野港のあゆみ

天 正 年 間 豊臣秀吉が大阪城築城の際、本港付近の丁場より石材を積み出した。
慶 応 年 間 初めて塩田を開墾し、以来、明治末まで塩田を主体として開発されてきた。
1898年 (明治31年) 高崎親章(たかさきちかあき)知事が宇野港の企画について県議会に提案した。
1906年 (明治39年) 檜垣直右(ひがきなおすけ)知事の努力により、第一期修築工事に着手。
1909年 (明治42年) 7月 第一期修築工事完了。
9月 第一期修築工事竣工式。
1910年 (明治43年) 宇野線が開通し、同時に連絡船による四国連絡を開始し、港として本格的形態を整えるにいたった。
1922年 (大正11年) 5月宇野港が内務省指定港湾となる。
1929年 (昭和 4年) 第2種重要港湾に指定された。
1930年 (昭和 5年) 開港場に指定された。
1932年 (昭和 7年) 大型船を対象とする第二期修築計画が樹立され、10ヶ年継続事業として着工された。
9月 内務省大阪土木出張所 宇野港修築事務所設置。
1940年 (昭和15年) 宇野港第二突堤完成。日比港内務省指定港湾となる。
1943年 (昭和18年) 第三港湾建設部宇野港工事事務所開所。
1951年 (昭和26年) 8月 港湾法に基づき岡山県が宇野港、日比港の港湾管理者となる。
港湾法の「重要港湾」に指定される。
1955年 (昭和30年) 第一突堤及び鉄筋コンクリート上屋(1,500m2)完成。
1958年 (昭和33年) 神戸植物防疫所広島支所宇野出張所が開設され、植物輸入港に指定された。
1960年 (昭和35年) 第三港湾建設局宇野港工事事務所閉所。
日比港を合併し、港湾区域を681haに拡張。
1964年 (昭和39年) 7月 昭和50年を目標として、港湾計画(新規)を策定。
1967年 (昭和42年) 第三突堤(1.5万重量トン)の建設に着手。昭和49年完成。
1969年 (昭和44年) 日比地区に木材輸入のための物資別専門埠頭(1.5万重量トン)の建設に着手。昭和47年3月完成。
1977年 (昭和52年) 3月 第三突堤に2号上屋・くん蒸上屋完成。
1978年 (昭和53年) 宇野港環境整備事業により、緑地、遊歩道の建設に着手。昭和55年3月完成。
1979年 (昭和54年) 10月 日比港が、木材輸入港に指定された。
1980年 (昭和55年) 11月 昭和65年を目標として港湾計画を改訂(田井地区に公共埠頭及び木材取扱施設を計画)。
1981年 (昭和56年) 12月 田井地区を含めて、港湾区域を882haに拡張。
1982年 (昭和57年) 4月 第三港湾建設局宇野港工事事務所開所。
1983年 (昭和58年) 4月 田井地区公共ふ頭(水深12m岸壁)の建設に着手。
1988年 (昭和63年) 4月JR宇高連絡船が廃止される。
1989年 (平成元年) 8月 田井地区を含めて港域が拡張される。田井地区第Ⅰ期供用開始。
1991年 (平成 3年) 5月 田井地区第II期供用開始。
6月 平成15年を目標として港湾計画を改訂(宇野地区を人流拠点、日比地区をレクリエーション拠点とする再開発計画)。
1992年 (平成 4年) 4月 日比地区マリーナ等の建設に着手。
1995年 (平成 7年) 3月 宇野地区再開発工事着工。
1996年 (平成 8年) 3月 田井みなと公園完成。
1997年 (平成 9年) 3月 宇野地区再開発第Ⅰ期工事完了。
4月 第一突堤東側にフェリーが仮移転。
2001年 (平成13年) 1月 中央省庁再編に伴い中国地方整備局宇野港湾工事事務所となる。
2002年 (平成14年) 9月宇野地区再開発第II期工事完了。
宇野港フェリーターミナル完成。
2003年 (平成15年) 4月事務所名を宇野港湾事務所に改名。
2004年 (平成16年) 7月国際船舶・港湾保安法に基づく保安措置の実施。
10月田井地区の移動式ジブクレーン供用開始。
2006年 (平成18年) 3月宇野地区水深10m岸壁(耐震強化岸壁)工事完了。
大型客船バース完成。
5月宇野港大型客船バース供用開始。
2010年 (平成22年) 8月国土交通省の重点港湾43港に選定される。