広報・岡山の港-宇野港-
Toppage
1573年(天正元年) 宇喜多直家が岡山城を築城し、以後旭川京橋付近と三蟠が海運の要所となる。
1934年(昭和 9年) 4月 内務省指定着港湾となる。
1938年(昭和13年) 内務省の旭川改修工事により京橋下の物揚場が完成。
1941年(昭和16年) 岡山港修築工事に着手。
1951年(昭和26年) 8月 岡山県が港湾管理者となる。
1952年(昭和27年) 西大寺地区物揚場完成。福島地区の物揚場に着手する。
1964年(昭和39年) 3月 西大寺港、小串港、幸島港と合併し港湾区域を拡張する。
4月 重要港湾に指定される。
7月 昭和50年を目標として港湾計画(新規)を策定。
1966年(昭和41年) 福島地区に水深6.0m岸壁が完成する。
1967年(昭和42年) 福島地区にA棟上屋完成。
1968年(昭和43年) 高島地区にて水深4.0m物揚場、泊地の建設に着手。福島地区にB棟上屋完成。
1970年(昭和45年) 福島地区にC棟上屋完成。
1975年(昭和50年) 高島地区に高島1号上屋完成。
1976年(昭和51年) 6月 昭和60年を目標として港湾計画を改訂。
1983年(昭和58年) 2月 児島湾大橋完成。
1987年(昭和62年) 3月 高島地区水深7.5m岸壁完成。
1992年(平成 4年) 9月 岡南大橋完成。
1995年(平成 7年) 8月 平成17年を目標として港湾計画を改訂(正儀地区に水深10m岸壁等を計画)。


■ 宇野港湾事務所TOP >> 広報・岡山の港 >>岡山港[岡山港について|岡山港のあゆみ]

みなとの紹介