広報/岡山の港
Toppage
昭和26年(1951年)港湾法に基づき岡山県が港湾管理者となり、これを契機に重化学工業の立地条件に恵まれている水島港に広大な臨海工業用地を擁する大型港湾の整備が進められる事となりました。

当事務所では、昭和54年度から玉島地区の水深10m岸壁2バース:延長370mの整備を開始し、平成5年度に完了、航路の整備については、昭和60年度より事業着手し、水深10m、航路幅250mで第1期の整備を、平成21年度に完了しました。

玉島ハーバーアイランドにおいて整備を実施した水深10m岸壁(2)1バース(延長170m)については、平成9年度から平成11年度の3年間で、水深10m岸壁(2)の海側前面にある水深10m泊地については、平成12・13年度に整備を完了しています。

今後は、平成20年度より整備を進めている水深12m岸壁(耐震)や臨港道路を中心に平成32年度を目標に整備を完了する予定としています。


【拡大図.pdf】

事業箇所MAP


■ 宇野港湾事務所TOP >>
   事業概要 [水島港の整備について|継続事業及び新規事業の計画  ]