広島工業大学生対象『みなと現場見学会』を開催します。

投稿日:2019.06.04

宇部港湾・空港整備事務所では、授業などでは学ぶことの少ない”みなと”の魅力を知ってもらい、あわせて港湾の工事現場を体験してもらうため、広島工業大学の学生を対象とした『みなと現場見学会』を開催します。本見学会については、公開することといたしましたので、報道関係者の方へご案内いたします。

今回の見学会は、将来の土木技術者の人材育成が港湾工事に携わる業界全体の重要な課題となっていることから、専門知識の向上、学生自身の将来ビジョン構築の一助となればと考え、発注者と埋立浚渫協会が共同で企画したものです。

当日は、船で徳山下松港を巡りながらみなとの概要や港湾の重要性などを説明した後、実際にグラブ浚渫船に乗船し間近で作業を見学したり、浚渫した土砂の土捨て作業の見学を予定しています。

----------------------------------------------------------

■日時:令和元年6月11日(火) 13:00~15:00

■見学場所:徳山下松港

■見学者:広島工業大学環境土木工学科3年生 33名

■主催:中国地方整備局 宇部港湾・空港整備事務所
共催:(一社)日本埋立浚渫協会中国支部

■対象工事:徳山下松港徳山地区航路(-14m)浚渫工事(その2)

■工事受注業者:東洋建設(株)

■集合場所:添付資料別紙-1参照

■スケジュール:添付資料別紙-2参照

 

その他詳細及び取材申し込みについては、添付資料をご確認ください。

広工大みなと現場見学会について

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧