平成23年度 海辺の自然学校〜大島干潟生き物調査隊〜 を開催しました。

投稿日:2011.10.28

海辺の自然学校の様子

海辺の自然学校の様子

座学(アサリの生態の学習)

座学(アサリの生態の学習)

現地体験学習会(生き物観察)

現地体験学習会(生き物観察)

◆概要◆
山口県周南市大島地区で10月11日、周南市立大島小学校15名、周南市立粭島小学校10名、周南市立櫛ヶ浜小学校3年生52名の計77名の児童を対象に、海辺の自然学校〜大島干潟いきもの調査隊〜を開催しました。今回は、座学にて干潟の工事の話やアサリの生態の学習、現地体験学習にて生き物観察を行いました。(※櫛ヶ浜小学校の児童は、現地体験学習のみ参加)

◆座学◆
座学(干潟の工事の話)では、大島干潟の工事を行うこととなったきっかけ、作業船を使ってどのように工事を行うのかなど工事が完成するまでの流れを学習しました。
座学(アサリの生態の学習)では、アサリが産卵し、どのように成長していくかを学ぶとともに、海の環境保全の大切さについて理解を深めました。

◆現地体験学習会◆
現地体験学習では、大島干潟に生息する生き物を観察し、指導者に生き物の名前を聞きながら調査票に書き込みました。干潟には多様な生き物がおり、それぞれの生き物が密接に関わりながら生きていることを学びました。

◆おわりに◆
この海辺の自然学校を通じて、身近な自然を守っていくことの大切さがわかってもらえたことと思います。同自然学校で学んだことを忘れないで海や干潟に親しんでもらえることを児童の皆さんへ期待します。

おわりに、当事務所は、今後も学校機関からの環境学習・現場見学などの要請にできる限り対応し、教育・研究の場にお役に立ちたいと思いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧