11月5日宇部まつり出展について

投稿日:2006.11.07

おさかな天国状況

おさかな天国状況

波起こし体験状況.

波起こし体験状況.

 11月4日(土)〜11月5日(日)の2日間、宇部市において第55回目になる『宇部まつり』が開催されました。11月5日の本祭当日は、同じ中国地方整備局である山口河川国道事務所宇部国道維持出張所と宇部港湾事務所の2事務所の共同でブース”みち・まち・みなと ふれあい広場”の出展を行いました。 
 ”みち・まち・みなと ふれあい広場”では、両事務所とも業務PRも兼ねた様々な見学・体験コーナーを出展しました。出展内容は、「道路パトロールカー展示」や「防災に関するDVD放映」、模型を使った「波起こし体験」や地元漁協に協力していただいて宇部港近海で獲れたボラなどの魚とガザミや車エビなどを水槽に入れて展示した「おさかな天国」などです。また、ブースに来て頂いた方にアンケートの記入にご協力して頂きました。
とくに、「波起こし体験」では自分の起こした波によって模型の家が動くのを実際に目の当たりにして、防波堤や消波ブロックの役割や必要性を直に感じてくれたようだった。
 なお、回収したアンケートについては後日集計結果を報告させて頂きます。

 今後も宇部港湾事務所としては、出来る限り皆様のご期待に添えるよう努力していきたいと思います。また、よりみなとが身近に感じれるような行事を随時おこなっていきたいと思います。その際は、是非お気軽にご参加ください。

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧