国土交通省
中国地方整備局 港湾空港部

〒730-0004
広島市中区東白島町14番15号
NTTクレド白島ビル13階
TEL:082-511-3900
FAX:082-511-3910


 HOME港湾空港関係データ> 海岸関係
 ○海岸延長
 中国地方の海岸の総延長は、約4,500km。うち、海岸保全区域を指定している延長が約1,800km、今後指定する必要のある延長が約300kmである。 これらの海岸は、高潮による災害や海岸侵食などから国民の生命・財産を守るための整備が必要である。
 ○被害分布
 侵食の著しい地域
 高潮に対して特に危険な地域
 ○海岸整備の考え方
防護 国民の生命・財産を守り、国土保全に資する質の高い安全な海岸づくり
環境 自然との共生を図り、豊で潤いのある海岸づくり
利用 利用しやすく親しみのもてる、美しく快適な海岸づくり
 ○漂流・漂着ゴミ
 近年、海洋における漂流・漂着ゴミが大きな問題になっています。国土交通省では、1974年度から海面を漂流するごみや油を回収する海洋環境整備事業を実施してきました。中国地方整備局には海洋環境整備船「おんど2000」(144総トン)を所有しています。「おんど2000」は広島湾及び安芸灘(港湾・漁港区域を除く)の約2,400q2で、海洋に浮遊するごみなどの回収を行っており、四国や九州地方整備局の海洋環境整備船と協力して瀬戸内海の漂流ゴミの回収を行っています。海洋における漂流ゴミに対しては、これまで実施してきたゴミ回収などにより蓄積されたデータの収集・分析結果を元に発生原因調査を実施し、発生抑制を図ることが必要です。
また近年、外国由来のものを含む漂着ゴミが長崎県対馬市、島根県隠岐の島町を初めとする日本各地で問題化しています。漂着ゴミは、海岸の環境や景観の悪化、海岸の利用の妨げとなるだけではなく、消波ブロックの目詰まりを引き起こすなど海岸保全施設の機能を阻害し、越波の危険性を高めることも指摘されています。こうした漂着ゴミの清掃・回収活動はボランティア団体などによるところが大きく、地元市民やボランティア団体などと連携を図っていくことが重要です。
 
おんど2000による海面清掃状況と瀬戸内海における作業エリア

Copyright(C) 2007 国土交通省 中国地方整備局 港湾空港部 All right reserved.