国土交通省
中国地方整備局 港湾空港部

〒730-0004
広島市中区東白島町14番15号
NTTクレド白島ビル13階
TEL:082-511-3900
FAX:082-511-3910


 HOME港湾空港関係データ > 港湾施設における保安対策
  SOLAS条約を踏まえた保安対策
平成13年9月の米国同時多発テロを契機に、平成14年12月IMO(国際海事機関)において、船舶と港湾施設の保安対策の強化を目的とした、SOLAS条約(海上人命安全条約)を改正され、世界各国が協調し港湾施設の保安対策を講じることが義務付けられました。これを受け平成16年7月、国内法である「国際船舶・港湾保安法」が施行されました。
 国際埠頭施設については、施設管理者等による保安計画の作成・実施や、フェンス・照明等の保安設備等の設置が義務付けられ、中国地方の港湾においても、保安設備を整備し、港湾施設の保安対策を行っています。
 これにより、経済活動を支える国際海上輸送システムの信頼性向上を図るとともに、不法な行為の防止を図っています。
◆SOLAS条約と国際船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律について
◆国際船舶・港湾保安法に基づく埠頭保安規程等の承認について
◆港で働く方、港に遊びに来られる方へのお願い


Copyright(C) 2007 国土交通省 中国地方整備局 港湾空港部 All right reserved.