写真をクリックすると拡大表示されます
鳥取港

「賀露の港」として古代より商工の町として発展した港であり、江戸時代鳥取藩32万石の港として繁栄しました。昭和28年地方港湾に指定、昭和50年重要港湾に指定され、千代川の河口付け替えと合わせ大型岸壁の整備が図られました。現在では、輸入砂等の建設資材の流通拠点として発展しています。さらに海洋性レクリエーション基地、防災拠点として機能整備を図っていきます。

鳥取港港湾施設地図

整備状況
冬季風浪時における港内静穏を確保するために必要な既設防波堤の整備を行っています。

小型入出港船舶の安全確保のため防波堤の西側300m延伸整備を行っています。


利用状況