写真をクリックすると拡大表示されます
境港

西日本の日本海側のほぼ中央、鳥取県・島根県の県境に位置し、日本海特有の冬季風浪を遮断する島根半島に護られた天然の良港です。江戸時代は北前船、明治時代からは日本海航路の重要拠点港として、また戦前は対岸諸国との貿易拠点港として大いに栄えました。昭和26年重要港湾に指定、昭和41年中海地区が新産業都市として指定され国内物流のみならず、外国貿易の日本海側の拠点として重要な位置を担っています。また、離島の生活を支える隠岐航路の発着基地としても重要な役割を担っています。

境港港湾施設地図 (クリックすると拡大表示されます)
江島地区施設図
(クリックすると拡大表示されます)
外港地区施設図
(クリックすると拡大表示されます)

整備状況
昭和南地区−13m岸壁
昭和南地区−13m岸壁
昭和南地区−10m岸壁
昭和南地区にコンテナ、チップ等を取り扱う多目的外貿バースとして5万t岸壁(−14m)の整備を行っています。

江島地区において広域流通ネットワークの整備を目指し、境港市〜江島(八束町)間に江島大橋を建設しています。

整備されたフェリーターミナル

旅客数
取り扱い貨物量
※フェリー貨物を除く。