トップ>>境港 (概要と取扱貨物動向)>>岸壁の整備

境港 岸壁の整備

大型船舶への対応

■外港昭和南地区岸壁(−14m)(通称5万トン岸壁)

 境港では定期コンテナ航路の開設、製紙工場や合板会社の生産能力増強によって、取り扱われる貨物量は増加傾向にあり、これらに合わせるように入港する船舶も大型化しています。このため、コンテナ貨物、チップ等を取り扱う多目的国際ターミナルとして、岸壁(−14m)(5万トン級の船舶に対応)が平成16年6月に供用開始しています。

外港昭和南地区に据え付けられたガントリークレーン→

外港昭和南地区に据え付けられたガントリークレーン写真

広いコンテナヤード写真

広いコンテナヤード

昭和南地区(−14m)岸壁写真

昭和南地区(−14m)岸壁

岸壁の保安対策

世界中でテロ事件が多発する中、日本の港湾でも保安の強化が要望されており、外国船が係留される岸壁では下図のような保安対策が図られます。

コンテナターミナルの保安対策(施設整備)のイメージ図

【ソフト対策】
●港湾施設保安計画の策定
●港湾施設保安職員の配置
●制限区域への入退出管理
●陸域・水域の監視
●保安訓練の実施 等

コンテナターミナルの保安対策(施設整備)のイメージ

臨港道路の整備