トップ>> みなとオアシス

新しいみなとまちづくり「みなとオアシス」

■みなとオアシス制度

 「みなとオアシス」制度は海浜や旅客ターミナル、広場など「みなと」の施設・スペースを活用した地域交流拠点です。構想段階から運営・維持管理段階までを通しての住民参画が特色です。
 また、「みなとオアシス」制度は、市町村が住民と連携し計画作成した「みなとオアシス」に対し、地方整備局長による登録を行い、各種公的支援を講じます。この制度を活用することにより、市町村・住民の方々が、みなとの資源を活用して地域活性化を目指す「みなとまちづくり」を行う際、地方整備局から様々な支援を受ける事が可能になります。

沿岸部や島々をネットワークで結ぶ
■みなとオアシス構成

【1】設置個所
 港湾・港湾海岸及び一体的に利用される周辺地区
【2】みなとオアシス設置者
 市町村又は市町村に代わりうる公的な団体
 (県、港湾管理者等)
【3】提供サービス
・基本サービス:全ての「みなとオアシス」が提供
 地域情報・観光情報、交流スペース、交通結節機能
・不加サービス:地域特性を反映し提供
 物販飲食機能、観光・スポーツ機能、公共サービス提供機能等
・ネットワークサービス:「オアシス」相互や周辺拠点と連携
 航路情報提供、道路情報提供、拠点間相互のネットワーク等
【4】施設構成
・港湾・海岸施設:旅客ターミナル、人工海浜、マリーナ等
・基本サービス施設:情報発信施設、交流スペース、
 トイレ、駐車場等
・付加・ネットワークサービス施設:物販施設、観光施設等

●「みなとオアシス」制度の主なフロー
「みなとオアシス」制度の主なフロー図
鳥取・賀露みなとオアシス
■鳥取・賀露港、広島・瀬戸田港とともに 登録第1弾に!

 平成15年11月に全国に先がけて中国及び四国地方整備局で制度化された「みなとオアシス」。その第1弾として、平成16年1月30日、鳥取・賀露港と広島・瀬戸田港が登録されました。
 鳥取港では、NPO法人鳥取・賀露みなとオアシスが主体となって運営をすすめます。これまでの物流の拠点としての役割りにとどまらず、様々な魅力を持つ活気あふれる地域交流の拠点として動き出した鳥取・賀露港です。