トップ>>浜田港 (概要と取扱貨物動向)>>浜田港 防波堤の整備

浜田港 防波堤の整備

新北防波堤

 浜田港では、平成11年に福井埠頭に新しいターミナルが完成し、平成13年からは国際定期コンテナ航路が開設されるなど、山陰地方西部の物流拠点としての重要性が高まっています。しかし、現在の浜田港は、冬季の波浪により、船舶航行の安全性や福井埠頭を中心とした施設前面の静穏性が悪く、定期航路の運航に不可欠な定時性の確保に支障を来たしています。
 このような状況を改善し、年間を通じて安全で利用しやすい港となるよう、防波堤(新北)の整備を進めています。

■新北防波堤標準断面図(西側)

新北防波堤標準断面図(西側)写真

■新北防波堤標準断面図(東側)

新北防波堤標準断面図(東側)写真

整備の様子