ナビゲーションスキップ
みなとオアシス三田尻

 三田尻中関港は、山口県瀬戸内海沿岸の中央部に位置し、背後に県下最大の防府平野を擁しつつ、江泊半島及び向島に囲まれた天然の良港を形成しており、 古くから陸上交通の至便さと相まって海陸交通の要衝として発展してきました。

 山口県防府市の「みなとオアシス三田尻」では地元市民や観光客が気軽に憩い集える「身近なみなと」として、水産総合交流施設「潮彩市場防府」を核に緑地などを有効活用しています。 また、近隣の大型商業施設や歴史的観光拠点とも連携し、にぎわいの場の創出に取り組んでいます。

概要

運営者 みなとオアシス三田尻運営協議会
設置者 防府市
登録 平成27年7月18日(中国地方整備局長)
平成29年2月16日(港湾局長)
港湾管理者 山口県
主な構成施設 物揚場、緑地等
主なイベント


市場まつり


潮彩市場防府店内

みなと祭り

ふるさと想い出花火

(H26.10.26)

巡回バス

フリーマーケット

アクセス情報

●自家用車
山陽自動車道防府東ICから車で20分
山陽自動車道防府西ICから車で20分

施設紹介

【潮彩市場】
地元市食材を中心とした水産物などの販売や瀬戸内における魚文化の情報発信を行っている公共施設です。