HOMEニュース一覧 > 広島港埠頭保安設備合同点検を実施しました

ニュース・トピックス

広島港埠頭保安設備合同点検を実施しました

告知

国際的な連続テロ事案が発生する状況の中、2019年G20大阪サミット、ラグビーワールドカップ2019日本開催、
2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の開催等を踏まえ、人及び物の流れの拠点である港湾においても、テロ
対策をはじめとする保安対策の一層の強化が求められているところです。このような背景のもと、昨年度は広島港(出島
国際コンテナターミナル)など、全国の22港湾で合同点検を実施しました。今年度においても、中国地方整備局広島港
湾・空港整備事務所では取り組みの更なる拡大に向け、広島港における関係機関の連携の強化、港湾保安対策の更なる強
化を図るべく、関係機関合同での港湾保安設備点検を実施しました。

広島港湾・空港整備事務所では、今後とも関係機関と連携してテロ対策強化の取り組みを進めて参ります。

ニュース一覧へ戻る


このページの先頭へ戻る