浚渫土砂の有効活用の検討

HOME > 業務内容 > 美しい海域環境を支える技術開発 > 浚渫土砂の有効活用の検討

美しい海域環境を支える技術開発

浚渫土砂の有効活用の検討

近年、入港船舶の大型化に伴う航路・泊地等の水域施設の大水深化が求められています。この大水深化に伴い大量に発生する浚渫土砂は、埋立処分や干潟造成などに利用されてきましたが、昨今の情勢により、新規の浚渫土砂受入れの即応性が難しい状況にあります。

このような状況を踏まえ、リサイクルの促進による環境保全への寄与を目的として、粘土分を多く含む浚渫土砂の特性を考慮した浚渫土砂の新たな利用方法について検討しています。

詳細はこちら