海象観測データの信頼性維持

HOME > 業務内容 > 現場条件に適した効率的な港湾・空港整備のための技術検討 > 海象観測データの信頼性維持

現場条件に適した効率的な港湾・空港整備のための技術検討

海象観測データの信頼性維持

中国地方整備局管内に設置されている海象計(鳥取港・浜田港)及び潮位計(三田尻中関港・宇部港)によって取得される様々な海象データ【波の高さ・波の向き・潮位等】について、その信頼性を維持するために観測機器を定期的に保守点検しています。また、潮位については、潮位データそのものを解析し、異常値が無いかチェックし、異常値が見つかった場合は、その原因を究明するなどデータの信頼性向上に努めています。

なお、これらの海象データは、ナウファス(全国港湾海洋波浪情報網)※1や潮位情報提供サービス※2により、リアルタイムデータとして閲覧することも可能です。

  1. 海象計の点検状況
  2. 検潮所の点検状況
  1. ※1 ナウファスとは?
  2. ※2 潮位情報提供サービスとは?
潮位データの異常値の抽出