地域特性を適切に考慮した地震動予測

HOME > 業務内容 > 現場条件に適した効率的な港湾・空港整備のための技術検討 > 地域特性を適切に考慮した地震動予測

現場条件に適した効率的な港湾・空港整備のための技術検討

地域特性を適切に考慮した地震動予測

これまで、港湾構造物の耐震設計には過去に観測された大地震(例えば阪神大震災等の地震動)を用いていました。しかし、建設予定地周辺で実際に生じる地震は、過去に大地震を観測した地域とは地域特性(地盤条件、地形条件)が異なり、「揺れの強さ」「揺れる時間」等に差が生じます。

よって、設計の精度を向上させるには建設予定地周辺でのを考慮した地震動を用いる必要があります。

当事務所では、建設予定地周辺の地震観測を行い、その観測結果をもとに、建設予定地で実際に発生する大地震の地震動を適切に予測し、耐震設計に反映させるための取組みを行っています。

  1. 地震観測小屋
  2. 地震観測計