NEWS&TOPICS

HOME > NEWS&TOPICS > 2017年度 > 【開催案内】『平成29年度 第2回 実りある学舎(まなびや)』の聴講者を募集します

2017年度

【開催案内】『平成29年度 第2回 実りある学舎(まなびや)』の聴講者を募集します

 2月16日()に、「平成29年度 第2回 実りある学舎(まなびや)」を開催いたします。
 今回は、ジャケット式構造の設計・製作・施工について、沿岸技術研究センターの小島一雄氏
に講演いただきます。

***** 開催日時・場所 ********************************

 名 称 : 平成29度 第2回 実りある学舎
 日 時 : 平成30年2月16日() 14:00~16:00
 場 所 : 広島市中区東白島町14-15  NTTクレド白島ビル13階
       中国地方整備局 港湾空港部 会議室
 定 員 : 40名(先着順)
 参加費 : 無料

***** 講演概要 ***********************************

          『 ジャケット式構造の設計・製作・施工 』  

                                          一般財団法人 沿岸技術研究センター                                                                                                                                                            審議役 小島 一雄 氏  

 ジャケット(Jacket)構造は、1900年代に入って盛んになった油田開発が陸上から次第に沿岸                                                                                                                域へも拡張していった際の足場(Platform)として開発されたもので、鋼管で出来た立体骨組み                                                                                                                構造の3本から10数本の柱に相当する鋼管内に杭を通して海底に固定する構造です。

 そのジャケット構造の特徴を生かして、特に日本国においては石油関連に限らずシーバース、                                                                                                                ドルフィン、防波堤、桟橋、観測塔などにも適用され、羽田空港では洋上滑走路を支える構造                                                                                                                として採用されています。最近では、東京スカイツリーのような陸上の鋼管構造や、杭で海底                                                                                                                に固定せず重力式やサクションの基礎を持った鋼管骨組の風車基礎なども登場し、ジャケット                                                                                                                と呼ばれることもあります。

 本講演では、主として港湾構造物へジャケット式構造を適用する場合を想定して、ジャケット                                                                                                                式構造が一般の鋼管杭桟橋などとは異なる部分について、具体的、実務的に設計手法を紹介し                                                                 ます。また、工場におけるジャケット製作や現場施工の複数の事例をもとに、製作施工の留意                                                                                                                点についても紹介します。                                                                                              

*********************************************

主催:中国地方整備局 広島港湾空港技術調査事務所
共催:公益社団法人 土木学会 中国支部

※土木学会 継続教育(CPD)プログラム JSCE17-1335〔2.0単位〕 

 ■記者発表資料(PDF) 

 ■開催案内チラシ(PDF)        

申込方法 電話又はFAXにてお申し込み下さい。ホームページ上の「お問い合わせフォーム」か
らはお申し込みいただけませんのでご注意ください。
                                                       ※FAXでお申し込みいただく場合は、開催案内チラシ(裏面)の「参加申込用紙」に
 必要事項をご記入の上、送信してください。
申込〆切
平成30年2月2日(金)                                                         ※定員に達した場合、締切前に申込受付を終了することがありますのでご了承ください。
お問い合わせ先
国土交通省 中国地方整備局 広島港湾空港技術調査事務所 調査課
住 所:〒730-0051 広島市中区大手町3-13-18 松村ビル5階
担当者:君島(きみじま)、升本(ますもと) 
連絡先:TEL 082-545-7016 FAX 082-545-7019