NEWS&TOPICS

HOME > NEWS&TOPICS > 2015年度 > 【報告】平成27年度 第1回 実りある学舎を開催しました。

2015年度

【報告】平成27年度 第1回 実りある学舎を開催しました。

   
           

テーマ

「気候変動に伴う海浜変形について-沿岸部における気候変動の影響と適応策-」

 - 概要 - 

港湾空港技術研究所の研究者ならびにアメリカ等の研究グループは、エルニーニョ等の                                                                                                                気象海象の変化が環太平洋諸国の砂浜に与える影響を明らかにしたことを、地球科学専                                                        門誌「ネイチャージオサイエンス」(9月号)に発表しました。                  
 これらの影響を考慮した社会資本整備には時間を要するため、効率的な対応には気候                                                                                                                変動が砂浜を含む沿岸部に及ぼす影響の現状を正確に把握し、今後の影響を高精度で推                                                                               定する必要があります。                  
 今年度1回目の「実りある学舎」では、上記研究を率いた港湾空港技術研究所・栗山                                                                               研究主監をお招きして、様々な現地観測によって得られた現地データを用いて、現状を                                                                                     的確にモニタリングするとともに、将来の推定技術を高める必要性について講演いただ                                                                                     きました。 

 

■講  師:国立研究開発法人 港湾空港技術研究所
      研究主監 栗山 善昭 氏                                                     ■日  時:平成27年12月16日(水)15:00~16:30
■場  所:中国地方整備局 港湾空港部 会議室                                 ■土木学会継続教育(CPD)プログラム認定番号 JSCE15-1067 

 

詳細については、イベント情報の「実りある学舎」よりご覧下さい。
過去の開催内容を掲載しています。