NEWS&TOPICS

HOME > NEWS&TOPICS > 2014年度 > 【開催案内】講演会『実りある学舎』~災害から教訓を学ぶ難しさ~ を開催します。

2014年度

【開催案内】講演会『実りある学舎』~災害から教訓を学ぶ難しさ~ を開催します。

 11月6日(木)に、「平成26年度 第1回 実りある学舎(まなびや)」を開催いたします。
今回は、「災害から教訓を学ぶ難しさ」と題して、港湾空港技術振興会 副会長 加藤 一正 氏にご講演頂きます。講演概要は以下の通りです。

****************************************

 日本は過去に何度も大自然災害に襲われてきました。私たちは、その度に教訓を学び将来の防災・減災のためのいろいろな対策を継続的に行ってきています。それらは、常に有効でしょうか? 津波災害に関する代表的な対策例として、海岸防護構造物の整備(ハード対策)、津波予報の迅速・高精度化(情報伝達の高度化)、避難訓練(ソフト対策)について、これまでに何を行ってきたかを具体的に示し、それらの対策が2011.3.11の巨大津波でどうなったかを述べると、災害から教訓を学ぶことの難しさが分かります。さらに、津波から生き延びるために我々が学ぶべき教訓は何かについて考えましょう。

 

名 称 :平成26年度 第1回 実りある学舎
日 時 :平成26年11月6日(木) 15:30~17:00
場 所 :広島市中区東白島町14-15 NTTクレド白島ビル13階
     中国地方整備局 港湾空港部 会議室
定 員 :40名(先着順)
参加費:無料

 ※土木学会 継続教育(CPD)プログラム 認定番号 JSCE14-0667
  プログラムの詳細はこちら 

主催:中国地方整備局 広島港湾空港技術調査事務所
共催:公益社団法人 土木学会 中国支部

 

【参加申込方法】
広島技調HP「お問い合わせフォーム」又はFAXにて、参加希望者の氏名・連絡先をお申込み下さい。

●お問い合わせフォーム:https://www.pa.cgr.mlit.go.jp/gicyo/contact/             

 ※当ホームページ右上にある「お問い合わせ」にリンク

●FAX:082-545-7019                               

 ※開催案内チラシの裏面が活用できます               

【お問い合わせ先】                                      

広島技調 調査課 小畑(こばた)、椋木(むくのき) TEL:082-545-7016

 

■記者発表資料(PDF)                            

■開催案内チラシ(PDF)