お知らせ

『鉄鋼スラグ等の実海域適用に関する研究会』の開催について

中国地方整備局では、地域経済を支える産業物流の効率化等を目的として、国際バルク戦略港湾の整備施策を推進していますが、それに伴い航路・泊地から発生する浚渫土砂を、鉄鋼等の生産活動により発生する鉄鋼スラグ等で改質し、有効活用していく方策を瀬戸内海を囲む近畿、四国、九州地方整備局と連携し、検討しているところです。

昨年度より「鉄鋼スラグ等の実海域適用に関する研究会」を設置し、鉄鋼スラグ等の実海域への適用にあたって検討を進めてきたところでございますが、今年度第1回会合を以下の日程で開催致します。

今回の会合では、今後の解決すべき課題やその対応方針等について議論することとしております。

◆開催日時

 平成24年10月22日(月) 10:30~12:30 



◆開催場所

 国土交通省 中国地方整備局 広島港湾空港技術調査事務所会議室 

 (広島市中区三川町2-10 愛媛ビル6階) 



◆主な議題

 (1)長期適用事例のモニタリングについて(長期適用時の影響の検討)

 (2)鉄鋼スラグと浚渫土の混合材適用に係る品質管理のあり方

 (3)実海域におけるpHの数値シミュレーションによる検討(大量使用時の影響) 



◆本研究会メンバー

 (別紙)研究会名簿のとおり 



◆問合せ先

 国土交通省 中国地方整備局 広島港湾空港技術調査事務所 技術開発課

 住 所 : 〒730-0029 広島市中区三川町2-10 愛媛ビル6階

 連絡先 : TEL…082-545-7018

別紙 本研究会メンバー(PDFファイル)